neumo

blog

>

ザッカーバーグは脳インターフェイスの開発に個人的に興味を持っている?

Facebookは、脳で直接文字を入力する技術の開発を2017年4月に発表した。しかし、Facebookの研究機関Builing 8は解散してしまう。 Mark ZuckerbergはFacebookの株2,900万株を売り、生体医学の研究プログラムに50億ドルを提供するChan Zuckerber ...

続きを読む

デジタルの薬が今後製薬業界を塗り替えるかもしれない

今回で4回目の開催となるIsrael BrainTechには、300を超える参加者が集まりました。投資家、起業家、研究者が一同に介して、最先端の研究成果の発表や、スタートアップの展示、起業家と投資家のネットワーキングなどが活発に行われています。大きな会場ではありませんが、逆に凝縮された空間で濃いつな ...

続きを読む

香港で起こった10代の自殺が発端となり、台湾のおもちゃメーカーが開発した感情共有ウェアラブルがCES 2019に出展。日本のパートナーを探している

3年前、香港で10代の自殺が多く起こった事件がありました。それを憂えた科学者が、ストレスや感情を心拍から推定するアルゴリズムを作り、台湾のおもちゃメーカーに売り込みます。科学者の理念に共感し、3代目社長が一念発起して子会社を立ち上げて開発した、感情推定ウェアラブル・共有プラットフォームサービスがCE ...

続きを読む

末梢神経への刺激で睡眠や心理状態を改善する新規事業に可能性

副交感神経を優位にし、より早く、深く眠ることができるウェアラブルがCES 2019に展示された。特殊なパターンの振動を手首に与えるリストバンドである。2019年夏に販売開始の予定で、日本企業からも問い合わせが数多くあり、どのパートナーと組むべきか、検討している最中とのことである。昨年のCES 201 ...

続きを読む

[研究紹介] 軽度認知障害の患者の記憶能力が音を聞くだけで上がる可能性がある

健忘型の軽度認知障害では、睡眠中の徐波と呼ばれる脳波が減少し、記憶の定着が阻害されていることが分かっている。Northwestern Universityの研究で、睡眠中に音を聞くことで徐波を高め、健忘型の軽度認知障害の患者の記憶能力を改善することが分かった。 実験では、健忘型の軽度認知障害の患者が ...

続きを読む

[研究紹介] 盲目になった人に光を取り戻す臨床試験が進行中

盲目になった人の網膜を電気刺激して視覚を取り戻す製品を開発・販売しているSecond Sight社が、新しい技術の臨床試験を行っている。網膜ではなく、脳の視覚野に電極を埋め込み、視覚野を電気刺激することでモノを見る技術である。 視覚野を電気刺激して「見る」というアイデアは以前からあったが、FDAに認 ...

続きを読む

[論文紹介] イノベーションに対する倫理的責任(Neuron)

科学雑誌Neuronから出されたウェラブル脳科学デバイスに関する記事が話題になっています。ブレインテック事業に関わっている方にも倫理面の話が必須になってきていると思いますので、何が書かれているのか読み解きたいと思います。 近年、ウェアラブル脳科学デバイスは驚異的に成長していますが、Neuronに掲載 ...

続きを読む

次世代非侵襲Brain Machine Interface への6つの道

アメリカ国防総省の機関であるDARPAが推進している非侵襲BMIのプログラム、通称N3に6つの組織が選ばれ賞金が授与されました。 DARPAはこれまで18年間侵襲的な技術で「義手・義足を動かすBMI」や「鬱の改善・記憶力の改善」などを行ってきましたが、手術が必要な侵襲的な技術の場合は試せる人が限られ ...

続きを読む

[研究紹介]その人のクリエイティビティの高い低いは、脳活動のつながり方から予測できる

人のクリエイティビティの高い低いは何で決まるのか 創造力、クリエイティビティに優れた人がいる。その人は、特殊な脳を持っているのだろうか。 今回は、その疑問に一面でイエスと答える研究を紹介する。 その人のクリエイティビティの高い低いを予測する脳内ネットワーク アメリカ、GreensboroのNorth ...

続きを読む

[研究紹介]メタ認知能力を高めるコーチングが、子どもの認知能力を更にブーストする

子どもの認知能力を高めるには 教育の現場において、子供のメタ認知能力を高めるコーチング手法は、認知能力を高めるために使われている。 また、コンピュータを使ったプロセスベースの訓練も、子供の認知能力を高めるという証拠が多く得られている。 その2つを同時に組み合わせることで、幼稚園児の認知能力とそれに対 ...

続きを読む