neumo

blog

>

[研究紹介]自信が高い決断を下すと瞳孔が広がる(動物実験)

その決定には自信があるか? 人は日々色々な物事を決めて生きている。こと業務においては、一つのYES/NOが会社全体を揺るがす大きな意思決定になりうる。われわれはこの意思決定のために様々な根拠を考えては集め、どこかのタイミングで「これだ」と行く先を決める。この決断は自信を持って下したいものだし、逆に ...

続きを読む

[最新研究]プロの演奏家の創造性は、運動野への電気刺激で引き上げられる

創造的な音楽を考えるには、複雑な認知・運動機能を司る脳部位が重要 どんな仕事をする上でも、創造性は重要になる。目の前に存在しない新しいものを想像し・創造する営みは、古くから人間を魅了してきた。とりわけ芸術家にとっては、自分の独自性の表現は、そのまま自分の存在価値を知らしめるほど重要といえる。 突出し ...

続きを読む

[最新研究紹介]楽器の練習は読解や語学に関係する子供の聴覚機能を改善する

社会経済的格差に左右されている子供の語学・学習能力 『子供の語学能力に影響を与える、社会経済格差を背景とした脳機能の違い』では、アメリカでは家庭の社会経済的状態が低いと、住む場所が騒音が大きく、また子供が豊かな語彙や多くの言葉に触れる機会が少ないために、聴覚の神経活動の発達が不充分になり、その結果音 ...

続きを読む

[最新研究紹介]子供の語学能力に影響を与える、社会経済格差を背景とした脳機能の違い

子供の語学・学習能力は、社会経済的格差に左右されている アメリカでの調査によると、子供の将来の社会経済的状態を予測する強い因子の一つが母親の教育レベルである。家庭の社会経済的状態が低いと、栄養が不足した食事や、非常にうるさい劣悪な環境での生活、また親が子供にあまり声をかけなかったり、会話に簡単な言葉 ...

続きを読む

[最新研究紹介]意思決定の切り替えは大脳基底核が担っている

生物は過去の経験を活用して、目的達成のための意思決定をする われわれは目標を達成するために、過去の経験を駆使して様々な選択肢を選ぶことができる。だが、この知的な営みは具体的にどんな脳部位で実現されているのだろうか。もし物事を決める上で重要な部位や要素が分かれば、様々な人が集まる組織での意思疎通を向上 ...

続きを読む

[最新研究紹介]幼少期の楽器訓練は、音楽に関わる脳部位の発達を促進する

東大生の子供のころの習い事は水泳とピアノが多い 東大生にアンケートを行うと、子供のときの習い事のうち、1位は水泳、2位はピアノという結果が何度も得られるようである。 これには科学的な根拠があるのだろうか。脳神経科学による知見を探ってみよう。 幼児期に15ヶ月間、楽器を練習することで、脳の構造が変化し ...

続きを読む

[最新研究紹介]睡眠不足はアルツハイマー病のリスクを高める可能性

睡眠不足はアルツハイマー病のリスクを高める可能性 睡眠不足は現代人の悩みのタネだ。眠りが浅い日は身体はだるく、頭はぼうっとしてよく働かない。 だが、寝不足の毒はその日に限らず、アルツハイマー病のような深刻な病と結びついていることが、近年の研究で知られてきている。 今回は、こうした睡眠とアルツハイマー ...

続きを読む

[blog] NeuroTechX Is Making the Global Local: An Interview with Co-Founder & Executive Director Yannick Roy

In recent years we have seen the explosion of artificial intelligence and machine learning; there is widespread interest across industries as companie ...

続きを読む

[blog] The Brains Behind Leadership

Source: https://www.flickr.com/photos/briansolis/2696190509 With Mark Zuckerberg testifying before Congress and a “dealmaker” in the Oval office, busi ...

続きを読む

[blog]Investing in the Future…of BCI

The brain-computer interface (BCI) market has boomed in recent years, and scientists aren’t the only ones who have noticed. In 2017, the global BCI ma ...

続きを読む