neumo

science

>

[研究紹介]その人のクリエイティビティの高い低いは、脳活動のつながり方から予測できる

人のクリエイティビティの高い低いは何で決まるのか 創造力、クリエイティビティに優れた人がいる。その人は、特殊な脳を持っているのだろうか。 今回は、その疑問に一面でイエスと答える研究を紹介する。 その人のクリエイティビティの高い低いを予測する脳内ネットワーク アメリカ、GreensboroのNorth ...

続きを読む

[研究紹介]メタ認知能力を高めるコーチングが、子どもの認知能力を更にブーストする

子どもの認知能力を高めるには 教育の現場において、子供のメタ認知能力を高めるコーチング手法は、認知能力を高めるために使われている。 また、コンピュータを使ったプロセスベースの訓練も、子供の認知能力を高めるという証拠が多く得られている。 その2つを同時に組み合わせることで、幼稚園児の認知能力とそれに対 ...

続きを読む

[研究紹介]瞑想により、人はポジティブ・ネガティブ双方に同等に反応し、よりよい選択ができるようになる

瞑想により、物事から学ぶ学び方を高めることができるだろうか 瞑想はよい効果があると言われているが、実際どのような効果があるのだろうか。 今回は、物事の学び方が変わるという点に着目した研究をご紹介する。 瞑想の熟練者と、瞑想をしたことがない人を実験対象にした この研究では、 瞑想をしたことがない群(1 ...

続きを読む

[研究紹介]練習直後に心臓に負荷をかけると、運動スキルが定着しやすい

より効率的な運動スキルの習得方法 特にスポーツ選手は、効果的・効率的に運動スキルを磨くことが必要である。 スキルの習得・改善は、もちろん筋肉を鍛えることが必要であると同時に、その筋肉を自在に操ることができるよう、脳を鍛えることも必要である。 今回は、より効率的に運動技能を鍛えることにつながる可能性あ ...

続きを読む

[研究紹介]前頭葉回路が実現するストレス耐性は、暴力的な住環境が及ぼす健康リスクから守ってくれる

家の周辺で暴力事件が多いと、睡眠不足や心臓疾患のリスクが高いという米国の調査  過去25年間、米国の大都市では暴力犯罪が激減している(Sharkey P, 2018)。しかしシカゴなど一部の都市では、暴力犯罪はいまだ日常の一部だ。そして暴力事件は、被害者を傷つけるだけでなく、周辺地域の住民にも健康リ ...

続きを読む

[研究紹介]音楽の練習が将来の難聴の予防につながるかもしれない

音楽家はノイズに埋もれた中から音を聞く能力が高いことが知られている さまざまな研究により、音楽家は一般の人と比べ、ノイズに埋もれた音を聞き取る能力が高いことが知られている。 このことは、高齢になったときの会話の聞き取り能力の低下の予防や緩和に使えるかもしれない。 一方でその神経メカニズムはよく分かっ ...

続きを読む

[研究紹介]社会的コミュニケーションを改善する音楽訓練は、自閉症治療に繋がる未来があるかもしれない

音楽は自閉症治療の一手段になるか? 音楽を練習することで脳神経の構造や活動が変化することが分かってきている。 この脳構造効果は非定型発達のような――例えば、自閉症の治療にも役立てられるのだろうか? 最新の研究を見てみよう。 自閉症の子供が音楽の練習をすることによる社会的コミュニケーションと脳機能の機 ...

続きを読む

[研究紹介]幼少期の子供の言語能力がピアノの練習により向上する可能性

言語能力は楽器の練習により高まるか? 楽器を練習すると音への感性が高まり、結果として言葉の聞き取り能力が向上するかもしれない。 実際、どのような効果があるか、研究を見てみよう。 幼児がピアノの練習をすることで音程を処理する神経活動が強化され、発話の知覚能力が向上した中国の研究 この研究では、中国の標 ...

続きを読む

[研究紹介]信じるものは癒やされるーープラセボ効果は、前頭前野のオピオイド受容体を介して痛みを治す

病は気から:気持ちで症状が治る「プラセボ効果」 「プラセボ効果」という単語に聞き覚えがある方は多いのではないだろうか。本来効果のない薬や治療法でも、気の持ちようで身体に良い作用をする……という現象だ。 薬の効果を検討するため、「薬ですよ」と伝えつつ、関係ない無害なカプセル(偽薬)を渡すことがある。当 ...

続きを読む

[研究紹介]大人のADHDの不注意症状は、rTMSにより持続的に改善できる可能性

ADHD症状を非侵襲電気刺激で改善する方法の開発 ADHD症状の治療方法の開発に向けて、薬による治療や、運動による治療など、多様な研究が続けられている。特に、子供のADHD症状にとどまらず、最近では成人になっても残っているADHD症状(adult ADHD)に焦点を当てた研究が増え始めている。 ここ ...

続きを読む