Comment

アメリカ陸軍が神経科学にビッグデータの手法でアプローチ

米国陸軍戦闘能力開発司令部(U.S. Army Combat Capabilities Development Command)の陸軍研究所は、テキサス大学サンアントニオ校およびインテオン研究所と組み、脳波のビックデータ解析(メガ解析)手法を開発した。
通常の脳機能研究では、多くても数十人を対象にした実験結果からデータ分析が行われることが多い。複数の研究結果に渡った分析でも、それぞれの研究の生データを分析するのではなく、研究結果だけを分析する(メタ分析)ことが通常である。

今回の研究では、6つの異なる場所で収集された17の研究による生データ(計測セッション数は1,000を超える)をすべて単一の分析フレームワークに集約し、神経活動、認知状態、タスクパフォ​​ーマンスを関係付ける普遍的な脳機能を特定することが試みられた。

陸軍では、兵士の認知能力を予測・高めるために、兵士の認知状態がミッション中のパフォーマンスにどのように影響するかに関心がある。このような研究成果は、次世代戦闘車両とSoldier Lethality Cross Functional Teamのための人間自律適応システムの開発に使われる。

ブレインテック動向を把握できる各種レポート販売中

neumoではブレインテックの各種レポートを販売中です。お気軽にお問い合わせください。

Add a comment

Email again: